What's New

2013/11/26
アンケートを実施します。皆様ご参加ください。。こちらからどうぞ
横断幕を設置しました。横断幕
2013/11/10
11月下旬。守る会2013年第5回会合を実施しました。
2013/4/21
4月下旬。守る会2013年第4回会合を実施しました。
2013/3/7
3月初旬。守る会2013年第二回会合を実施しました。
2013/1/10
1月初旬。守る会2013年第一回会合を実施しました。
2012/11/12
次回開催は11月17日午後 場所は松永ビルとなりました。予定です。変更の可能性もあります。その前に下打ち合わせの可能性もあります。
2012/11/5
次回開催は11月11日午後 場所は松永ビルとなりました。時間は午後2時から。その後現地で検分との話もあります
2012/10/22
次回開催は10月28日となりました
2012/10/16
次回開催は10月18日・21日となりました
2012/09/21
市谷山伏町計画についての陳情が新宿区本議会で採択されました。
2012/09/15
個人情報漏洩についての積水ハウスの説明会時の映像を入手しました。
2012/09/11
次回開催は9月23日(日)となりました。詳細は下段を参照ください。
2012/08/18
8月14日に積水ハウス株式会社事業開発部長TMR氏様に新・要望書を提出。次回開催は8月26日(日)となりました。詳細は下段を参照ください。
2012/08/11
守る会会議が開催され、新しい要望のリストアップが完了しました。次回の説明会に向けて着々と準備がすすんでいます。次回説明会は残念ながら積水ハウスの要望により1週間ほど延期の予定となりました。詳細は後日お知らせいたします。
2012/08/7
次回の開催は19日。それに向けて守る会ではより美しい街並みを実現するために、建築計画に対しての要望を作成することにしました。
2012/08/1
7月22日の説明会のイントロ動画を拾いました。左のリンクからどうぞ。TMR氏様、降臨です。
2012/07/16
7月8日の説明会で提出した要望書と議事録を掲載しました。こちらからどうぞ  議事録の要約版を掲載しています。このページの下段をご覧ください。
2012/07/15
7月8日に開催された説明会の映像を拾いました。今度はダイジェスト版です。左のリンクからどうぞ。
2012/07/11
最大多数の参加者を記録した守る会主催の説明会はが8日に開催され、積水ハウス様との徹底した話し合い行われました。説明会趣旨は近日公開します。
2012/07/04
地域住民のリクエストおよび行政の指導によって説明会の開催が前倒しになりました。速報は下段に
2012/07/01
柳町商店会 サンバカーニバル七夕祭りにて署名運動とチラシ配布を行いました。速報は下段に
2012/06/24
周辺で配布されているチラシを掲載しましたこちらからどうぞ  遅くなりました。5月20日提出の要望書を掲載しました。こちらで閲覧ください
2012/06/16
説明会動画を再び拾いました。左に掲載 掲示板を設定しました。こちらからどうぞ
2012/06/15
回答書を掲載。詳しくは回答書のページへ
2012/06/5
6月10日開催説明会情報掲載/第5回説明会議事録掲載/第1回配布チラシ掲載
2012/05/31
議事録掲載
2012/05/29
建築計画書掲載
2012/05/28
動画リンク設置
2012/05/28
ホームページオープン

事務所再開のお知らせがやって来た。

●鹿島建設のF氏やM氏(しょちょう)の発言ではしばらく工事はない、ということであったが、どうも胡散臭い言葉と思っていたが、やはりと言うかこずいるというか、工事事務所再開のお知らせがやって来た。
とおもいきや、裏面にはびっしりと、黒塗りが。ではなく工事工程表が記載されていたのであった。突然のお知らせでなおかつ、メンバーリニューアル。残っているのは積水ハウスの子沢山●氏と鹿島建設のF氏だけで、メンバーは総入れ替えとなったようである。後任の方々にあられましては、お気の毒である。
という事で守る会としても気持ちを新たにしてこのマンション計画を考えようということで、11月10日(奇しくもお知らせと同日となった。偶然の一致!)、17日、24日とたてつづけに会合を開催。今後の対応・対策を協議しました。
まずはこのマンション計画について皆様がどのようにお考えかをアンケートを取ることにいたしました。このページからも回答ができますので、皆様是非、参加をお願いします。

■書類表面と裏面
お知らせ11月10日 表面お知らせ書類 11月10日 裏面

悪天候が日頃の管理体制や地域への思いが現れるということ

●台風が上陸し、強風と大雨が連休前からさんざん警告されているのは、ここ数日のメディアでの報道をみていればわかるもの。山伏町でも今朝方から消防団が万一に備えて出動の準備をしたり、近所の商店では看板が飛ばないように補強、撤去などをしていたようだ。そうした中、あの一流企業の積水ハウス様はやっぱりなにもしないのだな、と思ったら本当に何もしなかった。
普段から思うのだが除草シート被せればそれで済むのにむき出しのまままの現場では雑草が生い茂ってばかりである。お陰で今年の夏は例年以上に蚊に悩まされてしまったのは近隣の住民だ。
さらに言わせていただけば、傾斜があり、なおかつ城壁に囲まれた土地がゆえに、雨水は一番低い場所に集まってしまう。おそらく排水についての仮の手当もしていないのだろう、一気に集まった雨水は焼餅坂上から大久保通りの歩道を川のように流れ落ちることになる。積水ハウス様の排水で靴が濡れてしまったよ。
まぁ、そんなものだ地域との共存やら共生なぞぬかす企業の本音は、管理をしたくないということなのだろう。管理体制はずさんの一言。
さらにいえばこれだけの強風と大雨が確実視されているのだから、仮設トイレや電源盤の事前チェックぐらいしたらどうなのだ。傾いたトイレで用をたすのは大変だと、一言言っておく。

■傾いたトイレで用をたすのは大変かも?クリックすると大きな画像と動画が開きます。
傾いたトイレ 7月11日生い茂る5本以上の雑草

守る会4月会合を開催

●4月下旬、守る会の会合を開催。今後の方向性や対策などが議題となり、活発な意見が交わされた。
●また、守る会では、地域住環境を守るためには、今後さらに高度な対応が必要と考え、法律事務所への相談、対応などを弁護士に依頼することについて話し合いを行った。さらにマンション問題に精通している弁護士を招聘しての相談会を開催することを決定。開催日時の調整をに入りました。
●話題となったのは、某マンション管理組合宛に送られた一通の文書である。大企業とは思えぬほど下品・下劣な文書を一読するなり、会合に参加していたメンバーは二の句が継げぬほどの「やりきれなさ」を感じてしまったのである。曲がりなりにも上場企業がこのような文書を会社名で提出するものなのだろうか?当初はこの文書の真贋さえ疑い、怪文書のたぐいではないかと考えもしたのである。どうやら正式な文書であることが判明し、改めて作成者のメンタリティー、品性に「ただただ」あきれるばかりであった。守る会および当事者たちはこうした企業エゴ丸出しの姿勢を持つ企業に対して毅然たる態度と方法論で立ち向かうことを確認し、ぶれのない真摯な姿勢を持ち続けていくことを確認した。
●基本6項目の要求 
●東側私道への避難通路設計の撤回 
●ゴミ置き場の常識的な設計 
●工事協定の締結 
●守る会では、引き続き定期的な情報提供をこのWEBサイトで行っていくほか、積水ハウス様にも同様に地域住民との協調・調和のとれたマンション、鳥と蝶のための樹木を考える家造りを行うために、積極的に対話に応じていただきたいと考えています。

国土交通省へ再審査請求書を提出

●先日の審査会での結果を受け、私たちは国土交通省へ再審査請求書を提出しました。新宿区区議会、新宿行政、そして私たち地域住民の願いについて審査会はもっと理解を深めていただきたい、しっかりと審査をして欲しいという願いを込めた請求書となりました。

守る会4月会合を開催

●4月下旬、守る会の会合を開催。今後の方向性や対策などが議題となり、活発な意見が交わされた。
●また、守る会では、地域住環境を守るためには、今後さらに高度な対応が必要と考え、法律事務所への相談、対応などを弁護士に依頼することについて話し合いを行った。さらにマンション問題に精通している弁護士を招聘しての相談会を開催することを決定。開催日時の調整をに入りました。
●話題となったのは、某マンション管理組合宛に送られた一通の文書である。大企業とは思えぬほど下品・下劣な文書を一読するなり、会合に参加していたメンバーは二の句が継げぬほどの「やりきれなさ」を感じてしまったのである。曲がりなりにも上場企業がこのような文書を会社名で提出するものなのだろうか?当初はこの文書の真贋さえ疑い、怪文書のたぐいではないかと考えもしたのである。どうやら正式な文書であることが判明し、改めて作成者のメンタリティー、品性に「ただただ」あきれるばかりであった。守る会および当事者たちはこうした企業エゴ丸出しの姿勢を持つ企業に対して毅然たる態度と方法論で立ち向かうことを確認し、ぶれのない真摯な姿勢を持ち続けていくことを確認した。
●基本6項目の要求 
●東側私道への避難通路設計の撤回 
●ゴミ置き場の常識的な設計 
●工事協定の締結 
●守る会では、引き続き定期的な情報提供をこのWEBサイトで行っていくほか、積水ハウス様にも同様に地域住民との協調・調和のとれたマンション、鳥と蝶のための樹木を考える家造りを行うために、積極的に対話に応じていただきたいと考えています。

ここに来て交渉の相手が鹿島様から積水様へ?

●不可解なのか、自然の流れなのか、今まで我々の窓口としてたっていた鹿島建設様から、その鹿島建設様に隠れて様子をうかがっていたような積水ハウス様に、窓口が変わったのだろうか? 西側、北側の万年塀の撤去についてコンタクトを取ってきたのは積水ハウス様であった。なんだか積水ハウス様の担当者様もよくわかっていないようだが、強制撤去の話もちらほら(これは口頭だけど)出る始末。無理矢理工事は勘弁して欲しいものである。今回の会合では今後の方向性を話しあうとともに、ある程度のアクションプランも設定することができ、有意義な会合となった。そして引き続き以下の項目について求めていくことも意見の一致をみたのである。
●基本6項目の要求 
●東側私道への避難通路設計の撤回 
●ゴミ置き場の常識的な設計 
●工事協定の締結 
●守る会では、引き続き定期的な情報提供をこのWEBサイトで行っていくほか、積水ハウス様にも同様に地域住民との協調・調和のとれたマンション、鳥と蝶のための樹木を考える家造りを行うために、積極的に対話に応じていただきたいと考えています。


新たに地域住民の皆様との認識を新たにしました。

冷静に考えればこのようなマンション計画が非条理というは明確だと考えます。

●新春間もない1月の週末、私たち守る会では、停滞したままとなっているこの建築計画について、今後会としてどのように進めていくか会合を開催しました。11月4日の説明会でようやく私たちは建築に対してある程度の寛容さをもって工事協定についてのテーブルに着きました。11月に開催された紛糾した協定書のための説明会以来途絶えている積水ハウス様とのやりとりや放置されたままの工事現場など数々の不安な意見が現場からあがってきたためです。様々な意見がだされ、様々な立場の方の意見についてディスカッションを重ねることができ、大変有意義な会となりました。その結果、全会一致したのは、守る会では引き続き現在の姿勢を保持することを確認しました。
●基本6項目の要求 
●東側私道への避難通路設計の撤回 
●ゴミ置き場の常識的な設計 
●工事協定の締結 

●守る会では、引き続き定期的な情報提供をこのWEBサイトで行っていくほか、積水ハウス様にも同様に地域住民との協調・調和のとれたマンション、鳥と蝶のための樹木を考える家造りを行うために、積極的に対話に応じていただきたいと考えています。

■以下の写真をみていただきたい。左は積水ハウス様が避難通路を設置する予定の東側私道であるが、積水ハウス様社員約10名ほどで私道は満杯になってしまいます。どうして200名以上がここに避難できるのでしょうか?
狭い私道に避難通路といっている
■この写真は都内某マンションのゴミ置き場である。住居数も想定人数も積水ハウス様の計画するこのマンションよりも小規模であるにも関わらずこの有様である。あふれんばかりに増大するゴミに対して管理組合はきちんと分別と分量も守ったゴミの破棄をしてくれるのだろうか?間違ってもこのように道路にはみ出る、当初の予定より大量にゴミを出さないといえるのだろうか?
それでも絶対に大丈夫といえる?
■積水ハウス様の計画するこの計画では工事中の大久保下り焼き餅坂はこのような暗渠によって日差しを遮られ、都市の美観もへったくれもない無機質な工事現場の一部と化してしまいます。大久保通りはれっきとした都道であり、公道である。納税者として、また近隣住民としてこのような美観を損なう暮らしや不利益はごめん被りたい。
こんな焼き餅坂1ヶ月だってご免だ

ここまで住民を馬鹿にするのでしょうか?

一度約束したことはしっかりと守ってほしい、それが私たちの願いです。

●11月4日の説明会でようやく私たちは建築に対してある程度の寛容さをもって工事協定についてのテーブルに着きました。これは計画そのものについてはあくまでも反対だが、建築をしたいという積水ハウス様と鹿島建設様の意向をくみ取り、近隣住民や通学児童、幼児、付近の介護施設へ通うお年寄りや近隣病院の患者さんへの安全対策、そして工事中の騒音、振動など近隣住民の最低限の生活の質を確保するための要望を協議した。
協議の内容はおおむね認められ、その場で次回の協定書に盛り込んで提出するとの確約をいただき、私たちは次回説明会にわずかの期待と「嫌な予感」を持って望んだのである。
どのような要望書を提出したかは、こちらのPDFでご確認いただきたい。
しかしながら翌週11月11日の説明会では、「嫌な予感」は的中する。なぜ嫌な予感がしていたかは、以下のようなことが現実に起きていたからだ。
●住民に問われるまで回答しなかった賃貸ワンルームマンション計画 
●私道を使わないと本工事ができないと言い張り、無理矢理使おうとした事実 
●非常事態には人があふれてしまい近隣住民の避難通路として機能しなくなる非常出口の設置・設計 
●近隣住民の住環境を破壊するマンションであることを自ら認め、宣言する企業姿勢 
●さらに植栽の配置についても全くの無計画、近隣の植栽を破壊しても何の呵責もなく、さらには計画道路の実施後についても何の計画も立てない無責任さ 
●新宿区区民を代表する区議会の是正誓願を無視し、感情を逆撫でするかのように議会での誓願可決の翌日に建築申請を提出する無神経さ 
●何の断りもなく、個人情報保護法案によって守られた個人情報についての目的外利用と外部への譲渡さらに開き直り

だからやっぱり今回も、という端から見れば笑ってしまうほどの「ち〜ん」な出来事である。
どんな回答をしたかはこちらのPDFをごらんいただきたい。
どうしたらこんな企業姿勢をとることができるのでしょうか?。どう考えればこの企業を信用し、そして工事をしてもらうことができるのだろう? 私たちはわかりません。

約束したことぐらい守りましょうよ。

11月17日の説明会は松永ビルの予定。詳細は未定です
===================
●あきれてモノもいえない状態で既に2日もたってしまいました。こんな企業と工事期間20ヶ月もつきあわなければならないなんて・・・。詳細は後日アップしますが、住民の怒りは再び頂点に達してしまい、まとまるモノもまとまらなくなってしまいました。
===================

地域の植栽が枯れても問題ない、大切なのは経営

11月11日の説明会は松永ビル 午後2時から
===================
●4日に議題となった協定書の追加要望書ですが、守る会ではさらなる追加項目を検討中。なんで環境が壊されるのにこっちは我慢しなければならないのでしょう。
追加要望11月4日版
===================

近隣の植栽・安全よりも経営

11月4日に開催された説明会では、積水ハウス様は以下の宣言をしてくれました。
===================
●詳細をお問い合わせいただいていますので、これについては個別にお答えします。メールにてご連絡を。
===================
次回開催は11月11日

積水ハウス様不在の工事

21日の説明会において、積水ハウス様が変更または約束してくれた点をまとめました。
===================
●通勤車両と工事車両の午前7時30分から9時までの通行制限(搬出入禁止)を行う。
●タワークレーンの17時以降の使用はゴミの廃棄のみの使用に制限。
●作業時間の終了は午後5時、後片付けは午後6時までとし、それ以降の作業は行わない。
●生コンプラントの設置位置およびサイズの再検討
●コンクリート打設時の時間外作業とはコテによる生コン仕上げ工事のことである。
●大久保通り使用計画における歩行者用道路幅1メートルという狭さは再検討する。
●振動75db、騒音80dbを超えて工事をしない。
●振動・騒音計の設置時間は午前7時からとする
●騒音・振動・風力計のデータは随時確認が可能。また定期的な報告書を提出する。
●夜間・深夜の資材・機材の搬出入は行わない。
●従業員休憩所でのみ喫煙可とする。また喫煙場所には空気清浄機を設置する。
●境界線確定調査をする。
●東側植栽についてはフェンス内側の敷地内へ変更する。それについて新宿区へ請願を行う。その際の議事録を提出する。
●工事用車両および従業員車両についてはアイドリングストップを厳守する。
●私道の車両出入り用にミラーなどの安全対策を行う。
●ゴミ集積場の移動(計画道路実施後)計画について確実に実施するための誓約書の提出。
●劣悪なマンション、近隣住民の迷惑を顧みないマンションを造ってしまっていることの謝罪。
===================。
一部抜粋である。当然だが、これらのことが次回開催の28日は文書となって提出されるはずだ。場所は牛込柳町駅エレベータのある松永ビル6階です。
工事説明書10月21日版
工事説明書第2ブロック4項

積水ハウス様の工事は住宅街に深夜に20トントレーラー

工事計画書によると、深夜に20トントラックでH型鋼の搬入を行うとのことだ。ふざけた話だ。夜間工事についてあれほど厳密に取り決めたにもかかわらず、20トントレーラートラックが21時から翌午前6時までの間に入るという記載を一切せずに、遠回しな表現で記載する。「通行規制がある車両の搬出入」。これで住民をだませると思ったのだろうか?貧弱で貧困でサル並みの想像力しかない。そうえばどっかのWEBサイトにアホなサルキャラが出ていて重なってしまうね。
次回開催は28日です。場所は牛込柳町駅エレベータのある松永ビル6階です。

工事説明書第2ブロック(工事時間)4項(時間外工事)というのは具体的な表現らしい
工事説明書第2ブロック4項

約束は守りましょうよ(泣)

あれほど、車両入場についての時間を決めていたにもかかわらず何で時間前にはいるの?ずっと監視しなくちゃいけないのですかね・・・ 警備員も不在、鹿島建設様も不在、おまけに積水ハウス様も不在。ほんとにこれから大丈夫なの?ちなみにチェーンロックの暗証番号は1991だそうです。この番号を大声で話すのもどうなの・・・(どうでもいいけど)
次回開催は28日です。場所は牛込柳町駅エレベータのある松永ビル6階です。

次回開催は21日/回答書をまとめました。

次回開催は21日です。場所は牛込柳町駅エレベータのある松永ビル6階です。
10月14日配布された回答書をまとめました。
回答書と要望書全文個人情報についての回答書

新宿区新聞が取り上げてくれました

先日から取材や資料を提供していた新宿区新聞が、今回の問題を取り上げてくれました。新宿区新聞というのは硬派な記事で知られる歴史ある新聞です。詳細はWEBページをご覧ください。
掲載は10月15日号 2面への掲載でした。WEB掲載の許可をいただいていますので、掲載します。
新宿区新聞10月15日号

次回開催と検証作業

次の説明会18日と21日の2回に分けて、牛込柳町駅エレベータのあるビル「松永ビル」6Fです。
14日の説明会はやっぱり、●「儲かればいい」という企業倫理と●ガバナンスの甘い企業姿勢●合意を得られなければこれ以上の近隣住民向けの説明なしに工事●ゴミ置き場の位置を変更すると階数を下げなければならないので、どんなに近隣住民から「迷惑だから変更してくれ」と哀願されても変更するつもりはない●工事の内容に関しては鹿島建設に聞いてくれ●個人情報については区役所に提出用とことわって収集したがそれ以外で使用するのは合法である、というのが簡単に言うと説明内容でした。
これは妄想かもしれませんが、工事説明会に参加する→区役所提出用ですからこちらに署名を→住所・電話番号などを書く→工事説明で紛糾する→深夜・早朝に知らない建設会社から電話がかかる→それが繰り返される。というのはお断りだな。可能性すら想像したくない。
しかし「個人情報の使い方って、建築会社はみんなこうなのか?」と考えて、ライバルといわれる某大手ハウスメーカーと積水ハウス様の方針を調べてみた。・・・・なるほど、積水ハウス様の個人情報の扱い方針を理解するの大変時間がかかるサイトになっている。おまけに誤字もあるし。対して比較した会社の方はわかりやすく明確なルールで、今回の使用方法では、某大手ではあり得ないというように解釈できる。
説明の回答書(会社の公式見解)を見る限り強引な解釈だ。
おもしろいのは積水ハウス様のWEBのイベント参加者募集などを見る限り、個人情報を収集する場合はしっかりと使用方法が記載されており、チェックマークボックスまであることだ。これであれば問題はないのだ。提供する側は納得の上ということだ。今回は名簿記載用紙にはそんな記載もないし、チェックボックスもない、それが問題だと考えるのだ。(実際議事録では誤りを認めているのに・・・) 電話をかけてきた鹿島建設様も同じ考えなのか?不可解である。
いずれにしても現在資料収集と検証作業中である。


署名原本個人情報についての回答書

やっと次の説明会?

しばらく更新が止まってしまい。大変申し訳ありませんでした。次の説明会が決まったようです。 14日夕方18時から。北山伏ことぶき館です。

振り回される近隣住民

●私の責任で東側通路のフェンスは何とかしますといって既に2週間。実は何にもしていません。 ●私から日程を決めておきながら、説明会を勝手に中止しましたが、一言の挨拶もする必要がありません。参加予定の方々には、守る会に未加入の方々の予定も潰してしまいました。 ●要望書についての回答を送るから住所を教えて欲しい。(個人情報を勝手に漏洩させる企業に個人情報を教えられる訳がない)。と、いうのが簡単にいうと、23日の説明会からの10月5日までの出来事でした。

私は不安の毎日です。積水ハウス様は、今回の個人情報の扱いについての今後の対策についてまったくの説明文書提出がありません。私たちの個人情報については、無関係な土建屋に住所氏名電話番号が渡ってしまっていて、いつなんどき訪問されたり、電話がかかってきたりということが可能な状態です。
眠れない毎日を過ごしているのは私だけではないはずです。

次回説明会は29日となりました

次回説明会は9月29日(土曜日)18時開催となりました。北山伏ことぶき館です。

それにしても企業というのはこうまで非情になれるのかと思うと、やりきれない想いで一杯になってしまった23日の説明でした。
悲鳴にも聞こえるほどの近隣住民の哀願に対して、
●計画通り進めさせていただきます。 ●新宿区議会への陳情の決議がすみましたので翌日に建築確認の申請を行いました。 ●儲からないことはしたくありません。 ●鹿島建設(様)とは未契約ですが個人情報を提供し、それは法律には触れません。と、いうのが簡単にいうと、23日の説明会でした。
おとしめるつもりはないが、悲しい人々を目の当たりにした1日でした。
9月29日告知

しかし思うのですが、使用方法の説明と違う使い方をする、使用方法の了解も取らない、さらに建築請負契約も締結していない単なる下請け企業への個人情報譲渡。積水ハウス様の個人情報の扱い方に大きな疑問を感じています。23日のTMR氏部長の説明によると合法の範囲内であるとのこと。
(正しくは、「説明会で集めた近隣住民の個人情報は役所に提出する時だけに使うといって記載させた個人情報を、勝手に関係のない建築会社に渡し、電話をかけさせる」という行為は個人情報の漏洩ではない、誤った使い方ではないという説明)・・・、 みなさまはどう思われますか?積水ハウス様は23日はまったくの説明を行わず、今回の個人情報の扱いについての説明も文書提出はありません。つまり現在の私たちの個人情報については、無関係な土建屋に住所氏名電話番号が渡ってしまっていて、いつなんどき訪問されたり、電話がかかってきたりということが可能な状態です。
これを恐怖・不安といわずしてなんといえばいいのでしょうか?

明日は説明会です。

9月23日午後1時より、牛込箪笥地域センター(都営地下鉄大江戸線 牛込神楽坂駅 A1出口 徒歩0分)にて説明会が開催されます。
9月23日告知採択シーン

満場一致で本会議採択されました

19日に開催された区議会第三回定例会初日の本会議で、議長発議により「(仮称)市谷山伏町計画新築工事」が、満場一致で採択されました。詳細は PDFをご覧ください

次回説明会ではこれについて、積水ハウス様より何らかの意見表明があることを期待しています。説明会は9月23日・箪笥区民センターにて午後1時から開催です。
9月19日のチラシ採択シーン

個人情報の漏洩の姿勢(問題意識)

たとえばいわゆる違法薬物所持で逮捕された芸能人や不純物混入事件が発覚した食品会社などは、発覚した段階で記者会見を開き社会的制裁を甘んじて受け入れるための謝罪、芸能活動自粛や営業活動の停止・商品の自主回収といった、社会的制裁を自ら行うもの、それが一般常識と私は思っていました。
事件発覚は8月26日、それから何日がたったのでしょう?
これが積水ハウス様の個人情報保護方針です
速やかに発表すると約束しているホームページの記載です
これについて、皆様はどうおもわれますか?
9日の説明会では明日(つまり10日)に本社法務と相談の上、早急に連絡をするなんてTMR氏部長はおっしゃってましたが、15日現在全く回答がありません。もちろんホームページにも事件発生の報告もありません。

次回開催は9月23日・箪笥区民センターにて午後1時から開催です。
9月9日のチラシ

■しかしとおもうのですが、現計画値からわずか10分程度の場所に、積水ハウス様が分譲マンションを建設中。
こちらのグランドメゾン神楽坂 ですが、同じ会社なのに、分譲と賃貸では、どうしてこうも違うのだろうと思ってしまいます。
グランメゾン神楽坂を見学ついでに山伏町の現地も見ていただけるといいですね。

9月23日(日) 午後6時からの開催にむけて

なんということでしょう。鹿島建設様と積水ハウス様との間に当該する建築計画についての主契約が結ばれていないことが判明してしまいました。
道理で船を漕いでいる奴がいた訳が納得したような気がします。
おまけに契約もないにも関わらず説明会参加者の個人情報のやりとりをしていたことまで判明。お客様では無いかもしれませんが企業方針と食い違うように感じます。このページの段落4の部分です
ちなみに積水ハウス様と契約を締結していない企業である鹿島建設様はこうなっています。
つまり守る会の皆様および今まで説明会に参加していただいた皆様の個人情報が全て鹿島建設様が勝手に使っているということになります。
これについて、皆様はどうおもわれますか?
この件が判明した8月26日の説明会では、TMR氏部長様はなぜか弁護士と相談するといっていましたが、いったい何を相談するのでしょうか?一般の会社員であれば個人情報の取り扱いについては会社からしっかりと説明を受けているはず。議事録用の記録音声を聴く限りその認識が甘いという印象しかありません。
次回開催は9月9日・箪笥区民センターにて午後1時から開催です。

■もうひとつ指摘しておくと、解体工事の際に他人の敷地の縁石を勝手に移動したり、工事現場に早く到着したからといってホームレスのように睡眠をとるのはいかがなものでしょう。
8月30日移動しちゃった!8月31日の二度寝

8月11日に守る会会議を開催!

ここにきて積水ハウス様から建築計画の変更案の提示や建築確認申請の取り消し、さらには工事の延期があったりと、市谷山伏町の美しい街並みづくりに若干の前進が見られています。守る会では、会員の皆様とともに美しい街並みの実現ために11日「守る会会議」を開催。会議では参加メンバーによる積極的な意見交換がなされ、8月4日に積水ハウス様に提出した要望に加え、新たに近隣の街並みと調和の取れた、安心・安全なマンションのための要望がリストアップ。また、次回説明会での作戦も協議され、新しい局面での守る会の姿勢の確認が行われました。

次回説明会は8月4日 午後6時より 北山伏町こ館にて開催が決定!

22日の説明会は残念ながら十分な説明がなされる前に時間切れとなってしまった。次回は8月4日(日曜)となっています。22日に出席したTMR氏部長もきっと出席してくれるはず。そう考えると今までなぜ部長が出てこなかったのか、今まで全権委任といっていたTKD氏様の立場は何だったのでしょうか?

何はともあれ遅い時間ですが、次回は8月4日。参加者は回数を追うごとに増加して、近隣住民あげての運動になっています。あの有名タレントを多く起用したすてきなコマーシャル通りの企業であればいいなという積水ハウス様を是非一度見学(住まいの参観日)してみてください。 皆様のお気軽な参加を期待しています。

7月8日の説明会の議事録を掲載します。

当日は積水ハウス株式会社から全権委任されている 開発事業部 課長 TKD氏様と積水ハウス株式会社 開発事業部 課長代理 IJM氏様が出席。そして、主催者である市谷山伏町の住環境を守る会および近隣住民など34名(名簿記載人数)と多くの方々が参加しました。

7月8日説明会当日の議事録の要約をまとめました。こちらをクリックするとPDFファイルで閲覧できます。

今回の議事録要約版は守る会作成ということもあり、ボイスレコーダーだけでなく映像記録も駆使しての記録となりました。したがって「うなずく」といった意思表示も記載されており、前回までの議事録よりもより正確な内容となっています。積水ハウス様から会社を代表して全権委任された社員の方はさまざまな要望について、無言でうなずくという行為で同意されおり。22日の説明会では詳しい解決策が説明されると期待しております。

新宿区区議会で私たちの要望が採択されました

7月11日新宿区区議会は、建設環境委員会において、市谷山伏町の住環境を守る会が積水ハウス株式会社に要求していた、マンション建設計画に関しての6つの要請を賛成多数により採択しました。近隣住民の皆様の願いと守る会の想いが議員の方々に伝わりました。詳細は追ってご掲載します。

■建設環境委員会採択当日の模様です。クリックすると大きな画像が開きます。
新宿区 建設環境委員会 7月11日新宿区 建設環境委員会 7月11日新宿区 建設環境委員会 7月11日

次回説明会は7月22日 午後6時より 市谷山伏町ことぶき館にて開催が決定!

8日に開催された守る会でのテーマおよび積水ハウス様から出席された、開発事業部の課長、TKD氏様と課長代理のIJM氏様によると次回開催は7月22日。場所はやはり守る会手配の市谷山伏町のことぶき館において、18時からの開催と決まりました。遅い時間ですが、今回の場所は至極近隣ということもあり、皆様のお気軽な参加と鋭いつっこみを期待しています。

次回説明会は7月8日 箪笥区民センターに決定

■説明会のお知らせ「守る会版」です。クリックするとPDFが開きます。
積水ハウスのワンルーム賃貸マンション説明会 7月8日開催案内積水ハウスのワンルーム賃貸マンション説明会 7月8日開催案内

あれほど準備が整わない、間に合わないなどの理由で説明会の開催の前倒しに消極的な姿勢を見せていた積水ハウス株式会社でしたが、なぜか7月8日の開催要請については同意してくれた。ことの顛末はこうだ。3日午前守る会のメンバーが積水ハウス株式会社のTKD氏に、8日開催の要請。夕刻に了解との連絡。その際に今後の建築申請スケジュールなどの話も出てきたらしい。詳しくは上記のチラシを参照ください。

なにはともあれ、8日は(積水ハウスの方はたった2名しか参加しませんが)みなさん参加して、疑問に思っていることを質問して、答えてもらいましょう。

署名活動を行いました。

■ノボリをたてて、チラシを配布しました。クリックすると大きな画面が開きます。
クリックして大画面 ノボリを建て増した。約1万人の来場者にみていただくことができました。カーニバルもとても盛り上がりました。(写真は念のためモザイクを)

本日7月1日(日曜日)、市谷柳町商店会にて開催された 七夕祭りサンバカーニバルにおいて、積水ハウス株式会社の計画する賃貸ワンルームマンションの是非を問う署名活動とチラシ配りを行いました。当日は新宿区長もお見えになり、ご挨拶をするとともに守る会の趣旨を説明したチラシを配布しました。署名活動についても積極的に署名に参加していただける近隣の方や、同じような経験を地元でされた方々など、たくさんの賛同をいただき、成功裏にイベントは終了しました。

次回の説明会はいったい「いつ?」

積水ハウスの言い分としては、資料の整理などで時間がかかるため次回の説明会開催は7月22日(当初は29日であったが、遅すぎるとの指摘を住民・行政から指摘を受けていやいや前倒し)。またその旨6月10日の説明会で明言しているといっているが、こちらの記録ではそのような発言はないのであるが・・・。この件についてはすでに大きな問題となっており、自治体から早期開催の指導や住民のおんさの声が上がり始めている。さらに火に油を注ぐように、積水ハウスの電話での対応(対応したのは積水ハウス 開発事業部 TKD氏様であるが、あまりの丁寧な対応に電話をかけて確認した方は感動したようです。 もう一つ、6月10日の議事録については、積水ハウスが作成しているのではなく、鹿島建設のたぶんヒラ茶案様から、さらにテープ起こしの業者へと発注されているようです。なんと控えがないことまで判明。積水ハウスの丁寧な対応にはおそれいります。個人情報の保護については問題なく発注されているのでしょうか?少なくとも建築計画のお知らせを見る限り鹿島建設は今回の仕事に何の関係もないことになっている。

6月10日の説明会を終えて

4時間にもおよんだ説明会は、結果として住民側の結束を高めこそすれ、積水ハウスの住宅建設に対する理解への共感が全くできない説明会で会った。のらりくらりと自社の立場の説明を続ける積水ハウス開発事業部のTKD氏とIJM氏さん。楽しいのだっろうか?と疑問を投げかけたくなる説明会であった。次はもっと長いかも。

次回の説明会は6月10日 牛込箪笥地域センター 14時〜

次回の説明会の案内がきた。 積水ハウス側の出席者名簿や当日の内容予告が閲覧できる

実は、前回の説明会では、守る会では要望書を最後に提出している。その回答もいただけるはずで、この長文の要望書に対して積水ハウスが回答してくるかが興味のあるところでもある。

場所は牛込箪笥地域センター4階会議室(バラA。バラB)で14時からとのことだ。

積水ハウスの建築計画 市谷山伏町問題について

 株式会社積水ハウスが新宿区市谷山伏町1−2に賃貸マンションの建築計画を進めております。
  計画では、南側部分地上13階・地下2階・高さ39.9メートル、北側部分2階建、総戸数119世帯の賃貸マンションとなっています。その内75世帯はワンルーム単身者向け住居であることが明らかになっています。
  さらに敷地内において極限まで計画を広げ、東北西側に威圧感、圧迫感を与える設計となっており、計画道路一杯まで施工される南側面や、極めて小さなゴミ置き場、大久保通りへ面した避難通路を設定しないといった劣悪な印象の賃貸ワンルームマンションです。
  また施工計画においても児童・学童の通学路であるにも関わらず、登校時間帯に配慮せずに、工事を行うと表明しています。多い日で一日50台もの生コン車によるコンクリート打ち込み作業をなどを強行しようとしています。

 株式会社積水ハウスは、3月28日(木)から5回にわたり建築計画および工事の説明会を行い、参加者の要望を聞き取り、要望に対する回答を行ってきました。しかしそこでは法的根拠に基づく建築計画であることの主張を繰り返すのみで、閑静な住宅街の居住環境を共に構築したいという住民の願いは一切聞き入れられず、建築を強行する姿勢しか感じることができません。
この計画およびその姿勢は、株式会社積水ハウスが自社ホームページに掲載している「まちづくり」に対する企業理念とかけ離れた感が否めません。建てることは致しかたがないものの、近隣住民の住環境を顧みない自社物件のみの利便性しか考慮しない、度量の狭い横暴ともいえる建築計画です。
 現在、「市谷山伏町の住環境を守る会」では、会社側へ建設計画の見直し等を申し入れております。閑静な住宅街を破壊するこのマンションの建築計画を見直させるためにも、みなさま方のご協力が必要となります。

■建築計画のお知らせ
クリックして大画面 建築計画のお知らせ


動画リンク

漏洩シーン 9月9日説明会(拾いもの)


ダイジェスト版 8月26日説明会(拾いもの)


イントロ部分 7月22日説明会(拾いもの)


ダイジェスト 7月8日説明会(拾いもの)


第6回説明会(拾いもの)


第5回説明会(拾いもの)


第4回説明会(拾いもの)


第3回説明会(拾いもの)


第2回説明会(拾いもの)

■当サイトについて

当サイトはリンクフリーです。お問い合わせは以下のアドレスまで。スパム防止をしています。「@」を英文小文字で置き換えて送付ねがいます。 158875cho@gmail.com

inserted by FC2 system